目指せ出張マフィン日本一周

明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。


さて、年末から年始にかけて基本引きこもっておりました。

千葉にあるしょいかーごという野菜直売所とお肉のあんずに行ったくらいかな?

あとは氏神様へのお参りくらい。

大晦日は大好きなRIZINを観戦して心を燃やし

元旦からは本当にぼーっとしながらも家族の食事やなんやらで

あっという間。

唯一お風呂に入っている瞬間に仕事の事を考えていました。

いや、待てよ。

今年のお正月は撮り溜めた動画の編集をしてたんだった。

仕事なのか趣味なのか、またまた知らないうちに作業をしていた私。

12月に東新小岩のカフェゼロ屋の周年イベントに呼んで頂き、

いつも通りマフィンを販売してたんだけど

買ったばかりの中古のカメラを使いたくなって

勝手に動画を撮りまくっていた。

ダンスとかライブとか、臨場感あるものをカメラで撮るのは楽しい!

そしたらいいこと閃いた!

カズさんとしょうこちゃん(ゼロ屋夫婦)へ向けて

関係者の皆さんからメッセージをもらおう!

ということで

こりゃもう編集決定な動画をどんどん撮ってしまって

それを初めてプレミアプロで編集し、自分的にも満足な処女作が出来上がったのだった。そうだったそうだった。

たった数日前のことなのにすぐに忘れてしまう。


なのですごくいいお正月だった事には間違いない!


ってここら辺でタイトル回収しないと。。。

はい。出張マフィンで日本一周!したいです!


昨年3月頃から突然はじまった出張マフィン。

きっかけは頻繁に大量注文をしてくださっていたとある会社さんに

「もうこちらに販売に来ちゃってくださいよ」な一言。


ふむふむなるほど。


そして実現したのが船橋のボタニカルショップミドリヤさんへの出張。


船橋の田喜野井あたりで何箇所か当たってみたのだけど

どこもお断りされ(断られたみどりの湯は先日閉店したらしい)、

快諾してくださったのがミドリヤさん。

そんなスタートから

あれよあれよとお声がかかり、埼玉千葉西東京などいろんな場所へ出張に行かせて

いただいた一年でした。


そして新年1月も数カ所からお声をいただき。。。


うーんこれはもっともっといろんな場所へ行ってマフィンを売ってみたい!

そんな事を思ってしまった年末。


マフィン売りながら旅行ができるなんて最高じゃないか!

という事で「言うは易く行うは難し」にブルブル震えながら

大風呂敷を広げてみます!


地方自治体、道の駅、地方イベントの方々、

本命は地方の個人店さん。美容室とかお花屋さんとかパン屋さん?とか。

ご興味のある方はとにかく声をかけてみてください。

小さなスペースから対応可能ですので

相談しながらよりいい企画に仕上げられると思います。


ご相談先はこちらから

出張マフィン窓口

https://www.lifetokyo.jp/contact


インスタグラムDMが返信早いです

https://www.instagram.com/cafelifeisgood/?hl=ja



ちなみに北海道はもう決まってます!ありがとう!

今年一年が楽しみ。まだ見ぬたくさんの方々にマフィンをお届けしたいです



23回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

チョコレートフェア2/4-26

2/4-26までチョコレート商品をドドドドドドーンと並べます。 インスタで紹介しているチョコレートチーズケーキ https://www.instagram.com/p/CYsIHA6vZvy/?utm_source=ig_web_copy_link から ガトーショコラ、フォンダンショコラ、チョコ系マフィン、チョコレートドリンク、栗羊羹ブラウニー、ブラウニー各種etc・・・ 鼻血が出ちゃうくらい2

出張先で見るデジタルと現実。

先日は初出張先、足立区花畑のシュシュサロンさんへ行ってきました。 お店から車で30分。 私自身も初めて伺う地域でした。 目と鼻の先には文教大学があり、他は団地やマンション、新しい戸建てが立ち並ぶ 住宅街。 11:30を待たずしてまずは並びの飲食店のスタッフの方々が来てくださり、 あれよあれよとシュシュさんのSNSやLINE、店頭チラシを見て来てくださる方でいっぱいになりました。 1時間半でマフィン

長期計画なんて蹴飛ばしてやれ!

あっという間に大晦日。 今年もたくさんの方々に支えられた一年だったと思います。 今年は振り返ると思い出せることばかりで 新しいことにチャレンジした濃い内容だったなと思う。 知り合いも増えたし、スタッフも増えたし、ずっと疎遠になっていたあの人にも 年末になって急に会えた! このコロナになって、さらには主人が2年前に倒れて後遺症が残る生活を 送るようになって気がついたことがある。 みんな老後とか考える