長期計画なんて蹴飛ばしてやれ!

更新日:1月16日

あっという間に大晦日。

今年もたくさんの方々に支えられた一年だったと思います。

今年は振り返ると思い出せることばかりで

新しいことにチャレンジした濃い内容だったなと思う。


知り合いも増えたし、スタッフも増えたし、ずっと疎遠になっていたあの人にも

年末になって急に会えた!


このコロナになって、さらには主人が2年前に倒れて後遺症が残る生活を

送るようになって気がついたことがある。


みんな老後とか考えるでしょ?

そこまで行かなくても10年後とか20年後とか。

そこから逆算して今を決めたり計画立てたりするでしょ?


それ、幻想なんだって思ったんですよね。


もちろん賢い生き方だと思います。

それができたら理想だし、幸せなのかもしれない。


だけどそれができない世の中になったのがこのコロナ。


だって昨日まで常識だったことが明日には非常識になる経験を

僕らはしてしまったじゃないか。


そしてそこに追い討ちをかけたのが主人の病気。


前提として人って不死身じゃないんですよね。

人って必ず死んでしまうんです。

みなさん70とか80まで生きるという前提で生きている人が多いのだけど

それって奇跡だってことなんです。

割合としては確かに多いけど。


そしてその頃に年金をもらって細々とだけど、幸せに不自由なく過ごす。

今の高齢者の方々が過ごしているような生活は

20年後、30年後に同じようにできるとは限らない。

なんなら私はできない、というか、全く別のライフスタイルになっているだろうと

思うんです。


じゃあこの荒れぶる時代に直面してしまった僕らは

どういう心持ちで生きていけばいいのか?


これは今までの諸先輩達の生き方しか見ていない私にも答えは出ないけど

これから新しい人類の生き方、新しい日本の姿?になるのは間違いないわけです。


だから新しい事に視野を向けて、何かが起きた時にはすぐに脳みそが応用できるように

しとく事だと思うんです。


私みたいな風天な職業の人はその渦中にずっと身を置いて

風当たりの激しい位置で歩み続けなくてはいけないのだけど

(経営者とかアーティストとか自営業とか自分で全てを選択しないといけない職業の人)、

そうじゃない方々は上記の感じで生きていくのがいいのかと思うんです。


そして共通して間違いないのは

「時間は未来でも過去でもなく今しかないことを体で実感する!」

「長くても7年先までの計画しか立てない。」

「直感を信じる」


私にも事業計画はある。もちろん長期計画を書くわけだけど

感覚としては1、2年分しか持たない。

だって明日違うことをするかもしれないし、違うことをしたいのに

荷物が重いと動けないじゃん!!


それを連続で繰り返しまくっていたら

7年経ってた!そしたらなんとなくお金になってきた!


それが軽いノリのようで、実は一番実直な方法なんじゃないかと

思った今年でした。


明日生きてる保証はどこにもないのだから。



新年カフェライフイズグッドは6日からのスタートになります。

1月は動画を撮ろうと思ってたんだけど、出張があれよあれよと入ったので

またまた風天の寅さんの様な年になりそうな予感です。

来年もたっくさんのマフィンをお届けしますのでお楽しみに!


2月上旬にブラウニーフェアもあるしね!


良いお年を♡



閲覧数:43回0件のコメント

最新記事

すべて表示