Share your gifts

私がビリーアイリッシュを知ったのはAppleのCM「Holiday ― Share Your Gifts」を見てからだ。


今でこそビジュアルが先行してしまいそうな彼女だけど、やはり楽曲がずば抜けていい。


CMの人形劇と掛け算になって

胸を締め付けられるほど心に響いたのを今でも覚えている。


当時まだ赤ちゃんだったであろう三女に、先程この曲が聴きたいと言われ、(アポ)とYouTubeで音声検索してくれと言われた。アポはAppleの事だろう。



久々に聴いてもやはりいい曲。



この曲を聴くと、ふと立ち止まり、幸せの定義とは?を投げかけられる。


いい生活や欲しいものを買う。

美味しいご飯を食べる。

一生不安のない生活を確保する。


こんなことを一般的には幸せと呼ぶのかもしれない。


わたしもこれは否定しないし、むしろ肯定する。


毎日を普通に特に何も考えずに過ごしていると、こういった事が幸せ。

が当たり前になる。


だけど、苦しい時や好きな曲を聴いてる時、昔を思い出したり、同じような志を持った人に会った時や、アーティストに感銘した時には


幸せってやっぱり違うよな。


やりたいことが見つかったとき、何かにワクワクした時や作りたいものが見つかった時、お金で買えないものを掴みかけたとき、そして掴んだ時。

こんな類の一瞬の儚いきらめきが幸せと言うんだよなと

それては戻り、ブレては戻るのだ。


この幸せの感覚が「戻る」が大切で

戻るきっかけは先にも書いた

「苦しい時や好きな曲を聴いてる時、昔を思い出したり、同じような志を持った人に会った時や、アーティストに感銘した時」。


今回の戻ったきっかけは

今夜のビリーアイリッシュcome out and play.


私がたくさんのアーティストから勇気と元気と幸せをもらったので

もし何かに悩んだり、迷ったりしている方がいたら私からも小さいけれど力をあげたい。


そう思って毎日マフィンを焼いています。


InstagramでもYouTubeでもマフィンでもチーズケーキでもブログでも。


小さな力のギフトをクリスマスに贈ります。


Merry chrirmas♡

閲覧数:20回0件のコメント