top of page

カフェレポートvol.7/イエノシタバール

イエノシタバール


JR国分寺駅北口から徒歩3分ほど。


国分寺駅から個人の飲食店が並ぶ道を行き、まさにバール(イタリアのカフェ&バー)といった出で立ちのこちらのお店。2階はランチタイムに営業しているイタリアンレストラン、1階は焼き菓子とエスプレッソを専門とするカフェスタイルです。お店の前にはテラス席も2テーブルほど設けられており、晴れた日にはそちらで気持ちよくカフェタイムを楽しむことができるようです。







【店内】

カウンターは普段はスタンドスタイルで使われているようで、「外はもう寒いから……」と椅子を急遽用意してくれました。コロナ禍以前はお酒も提供していたために、店内はバーそのものの内装でとてもおしゃれです。少し暗めの照明で、雰囲気も十分。マフィンはこの日は4種類あり、1つは売り切れでした。マフィンとドリンクのセットにすると、セット割引で50円ほど安くなります。



【マフィンメニュー】


◇おすすめ

リッチバターマフィン

チョコラマフィンいちじく&クランベリー

トリプルベリー&クリームチーズマフィン

さつまいもと黒ゴママフィン


マフィンは季節によって変わります。


◇その他メニュー

ラムレーズンのチーズケーキ






◇ドリンク

エスプレッソ

カッフェルンゴ

カプチーノ

昭和冷製コーヒー

アイスカプチーノチョコラータ



【食べたもの】


チョコラマフィンいちじく&クランベリーとカッフェルンゴをいただきました。チョコラマフィンはほろほろ系の食感で、生地にはクランベリージャムが使用されているとのこと。そのためかしっとり感とリッチさがあります。チョコとはいってもややほろ苦く、甘さは控え目。小さめに切られ混ぜ込まれたいちじくが印象的で、どこかお酒に合うマフィンといった大人の味わいでした。

マフィンに添えられているのは生クリームではなくメレンゲで、口に入れると溶けてしまいます。これも、甘すぎないひとつの工夫なのかもしれません。

マフィンに合わせたカッフェルンゴとは、ルンゴ=英語でいうロング、抽出時間も長く濃いコーヒーのことです。量もたっぷりあり、寒い日のチョコラマフィンにぴったりです。ゆったりとした時間や雰囲気も楽しめるお店でした。今度は、おすすめの一品だというラムレーズンのチーズケーキもいただいてみたいです。






店名: イエノシタバール

所在地:東京都国分寺市本町3-8-15店舗1階

電話番号:042-359-4180

営業時間:火~日、祝日、祝前日 11:00~17:00

HP:https://www.tsunagibito.com/

席数:カウンター3席、テラス4席

アクセス:JR国分寺駅北口から徒歩3分



ライター/黒田侑twitter @yu_kuroda_wri

閲覧数:65回0件のコメント
bottom of page